京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

ドーナッツはどこへいった?

どうも、有北です。
ポンデ雅夫が消息不明です。彼はいったいどうなってるんでしょうか・・
どうか、ご存知の方は教えていただきたいと思います。

さて大阪ドーナッツ・クラブのこのブログですが、本来はポンデ雅夫が設置したにも関わらず、
彼が消息不明のためもっぱら僕の小噺で埋め尽くされています。
いいのか悪いのか・・非常に微妙です。
もともと大阪ドーナッツ・クラブは『芸術の国イタリアに埋もれている、
日本では知名度の低い芸術作品や文学作品を日本にもっと紹介しよう』という主旨で発足した、
結構まじめな集まりなのですね。
構成メンバーが僕やポンデ雅夫という、まあ、そういう輩たちなので、
なかなかその本来の目的が果たせずにいるのですが・・
とにかくそんな我々ODCからの情報発信源としてほぼ唯一のツールだったこのブログですが、
以前にも告知していた通り、
ポンデ雅夫がローマに行ってしまったため(要するに関西どっとこむに金を払う人がいなくなってしまったため)、
まもなく閉鎖されてしまいます。
たぶん、僕の情報が正しければ、今日明日には文字通り消えてなくなると思います。
次なるツールはこちらです。↓
http://www.geocities.jp/doughnut_club/

残念ながら、もう、ほんとに今ここにはなにもありません。先に言っておきます。
見てがっかりしてはいけません。大丈夫トップページはあります。
ともかくここを基盤に、今までどおり僕の小噺を日々綴っていくとともに、
ODCの本分にたちかえって、イタリアに隠されたお宝を発掘していく予定ではありますので。
一応、邦訳したい作家まではあたりをつけているんですが・・

そして、ポンデ雅夫はいったいどこでどうしているんでしょうか。
誰か情報をください・・