京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

赤ずきんと靴跡

どうも、僕です。

年に数回しか東京へ行くことのない僕なんですが、ときどき、いや、ごくたまに、東京でしか開催されないイベントやなんかの知らせを受けると、東京と京都の間に横たわる500kmという距離を呪いたくなることがあるものです。

先日、親交のある京都在住の写真家、田村尚子さん(Click!)からメールをいただきまして、東京で映画監督の青山真治さんとイベントを開催されることを知りました。場所は裏原宿のVacant。ウラハラですよ。僕の強い参加願望とは裏腹に、ウラハラなんて遠隔地でやっちゃうなんて…。

2008年5月。青山監督はわずか1カ月のフランス滞在で、準備・撮影・編集・ダビングという映画製作すべての行程をこなし、“Le Petit Chaperon Rouge”(訳すと「赤ずきん」ですよね、確か…)というフィルムを完成させたそうです。そこで映画ポートレイトの撮影をしたのが田村さんというわけです。

今回のイベント『赤ずきんと靴跡』では、その新作上映とポートレイト展示のほか、田村さんの作品展示もあるんだとか。ずいぶんと楽しそうです。

★★★

赤ずきんと靴跡』
会場:Vacant(Click!

8/25(火)〜8/28(金)13:00〜20:00
Naoko Tamura + Vutteur Kohen(ヴュッター公園)
特設展示
田村尚子/映画『Le Petit Chaperon Rouge』出演者ポートレート
入場料:500円

8/29(土)
青山真治監督 日本初公開映画『Le Petit Chaperon Rouge
トークショー:青山真治×田村尚子×α
ライブパフォーマンス:NAGAYAMA (青山真治長嶌寛幸)
開場 / 17:00 開演 / 17:30
入場料:3,500円+1drink

8/30(日)
青山真治監督 日本初公開映画『Le Petit Chaperon Rouge
時間:1回目 開場/18:00 上映開始/18:30
 2回目 開場/19:30 上映開始/20:00
入場料:2,000円+1drink

※田村さんの写真展示は、29・30日も楽しめるそうです。

映画に主演するのは、ルー・カステル。独特の存在感を放つ、僕も大好きな俳優です。世界各国の監督と100本以上の作品で仕事をしてきた彼はコロンビア生まれなんですが、実はイタリア・ローマの国立映画学校俳優コースを卒業していて、同期には、監督のマルコ・ベッロッキオや大阪ドーナッツクラブで去年翻訳に取り組んだ小説『1日3時間しか働かない国』の作者で映画監督のシルヴァーノ・アゴスティがいます。

アゴスティ監督の作品にもよく出演していて、やっぱりドーナッツクラブで字幕を付けた『カーネーションの卵』という映画でも好演しています。監督からもよく話を聞いていたんで、そんなルー・カステルの写真を去年田村さんのオフィスで拝見したときは驚いたものです。

ああ、イベントに行きたい。うらめしげにお知らせするのもなんですが、東京方面の方はぜひどうぞ。

それでは皆さん、また非常に近い将来に。

広告を非表示にする