京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

Search for the Healing 5 〜エビーに首ったけ〜(旧ウェブサイトコラム『小噺パラダイス』)

どうも、有北です。
まったく、つまらないことを思い出してしまった・・ようやく家にたどりついた僕は、さっそくこのいやな気分を払拭するために、帰り道購入した『癒し』に身をゆだねることにしました。
ふふ、まずはグラタンコロッケバーガーとしゃれこもうじゃないか。マクドはいい。実にいい。CMのエビちゃんもかわいいし、なにより、ロープライス。僕の冷え切った心と懐を暖めてくれるに違いない・・包みをはがし、グラコロをほおばる。おや?いつになく味わいが淡白じゃないか?いぶかしみながらももう一口。やはり、淡白だ。なにか違うなにかおかしい。グラコロを検分する僕。
なんたることだ。コロッケが入っていない。
意味がわからん。責任者を呼べ。さっきの、あの、レジのやつを呼べ。僕はたしかにグラタンコロッケバーガーを注文しただろう。おまえもたしかにグラタンコロッケバーガーでございますと僕に手渡しただろう。なに入れ忘れてやがる。なんだ僕の手元にあるこれは。なんという名前のなんという商品だ。グラタンコロッケバーガーではない。断じてない。もういい。僕が名づけてやる。『グラ足らんコロッケバーガー』。どうだ!思わずうまいこと言ってしまったわ!あほか!
こんなもので癒されるものか。もうこんなものに頼るのはやめだ。僕は『究極の癒し』に手を伸ばした・・