京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

建築ノオト2009 10月号公開 江戸川乱歩原作『陰獣』

どうも、僕です。

スタジオOJMM(設計・研究・翻訳)が企画して学芸出版社のサイト上で展開されている「建築ノオト2009」の10月号が更新されました。

「建築ノオト2009」は、学芸出版社のウェブサイト(Click!)、あるいはスタジオOJMMのウェブサイト(Click!)からご覧いただけます。

今月取り上げたのは、バーベット・シュローダー監督の『陰獣』。え? なんだよ、京都が舞台の映画を紹介するんじゃなかったのかよ? まあまあ、落ち着いてください。この作品、江戸川乱歩の同名小説が原作。時代を現代に、舞台をパリと京都に置き換えているんです。詳しくは、ぜひとも建築ノオト2009の10月号で。

『陰獣』の映画化はこれが初めてではありません。加藤泰監督があおい輝彦主演で77年にも撮っています。見比べてみても面白いでしょうね。まったく違う作品と言ってもいい印象だと思いますよ。

江戸川乱歩の陰獣 [DVD]

江戸川乱歩の陰獣 [DVD]

新しい『陰獣』は、京都駅ビルシネマで公開中。詳しくは、こちらでご確認を。

大阪では、月末31日からシネ・ヌーヴォーで公開。

それでは、また非常に近い将来に。