京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

『キング・アーサー』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年6月23日放送分
『キング・アーサー』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20170623230030j:plain

イングランドの王ユーサーを叔父のヴォーティガンに殺され、追ってから命からがら逃れてスラム街で育ったアーサー。ユーサーが残した聖剣エクスカリバーを手に入れ、魔術師の力を借りながら困難を乗り越え、王座を奪還する物語。

シャーロック・ホームズ (字幕版) パシフィック・リム(字幕版)

日本産RPGにも大きな影響を与えた中世の騎士道物語を大胆に脚色するのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで知られる映像の魔術師ことガイ・リッチー。アーサーを演じるのは、『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム。悪役ヴォーティガンには、ジュード・ロウが扮する他、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』で人魚シレーナを演じたフランスをベースに活躍する女優アストリッド・ベルジュ=フリスベが魔術師メイジを担当しています。
 
それでは、エクスカリバー並みの切れ味となるか、制限時間3分間の短評を今週もスタート!

アーサー王は6世紀にウェールズから異民族を撃退した英雄とされているんだけど、その物語は民間伝承やフィクションだし、そもそもアーサー王が歴史上の人物かどうかも議論があるくらいなわけです。つまり、エクスカリバーだ魔法使いだ円卓だ聖杯だといったモチーフさえ出しておけば、後はある程度自由なわけですよ。イギリス人にとってどころか、世界中で、2次創作的なものを育んできた物語の型。これまでも幾度となく映像化されているとは言え、キャラも多いし、ワーナーが新しいマーヴェル的なシリーズ世界、シネマティック・ユニバースを作りたいという意図もよくわかります。
 
そこで、まずガイ・リッチー監督ですよ。昔は失敗もありましたけど、型をうまく改変する素質が今の彼に備わっていることは、『シャーロック・ホームズ』で誰もが知ってる。そう見込まれたわけですからね、リッチーは製作と脚本も手がけて大活躍。というか、大喜びだったんでしょう。良くも悪くも、リッチー節が炸裂した、ケレン味だらけのスーパー歌舞伎みたいになってます。ある程度自由に改変っていうレベルをはるかに超えて、完全に自由なんです。
 
まず父ユーサーが暗黒魔法を使うモルドレッドと戦うプロローグの部分。ファースト・ショットから誰もが思いますね。象がデカすぎる。なんかインドっぽく象の上に人が乗った軍隊っていう設定も時空が歪んでクラクラするけど、それよりも何よりも、象がさすがにデカすぎる。
 
アーサーが難を逃れて育ったスラムで成長する20年くらいを1分強で編集する技には参りましたね。超高速編集はうまいし、見ごたえがあるけど、さすがに端折りすぎ。
 
聖剣エクスカリバーの威力が、もはや理解不能なほどにさすがにありすぎ。魔法はいいんだけど、もうちょい何ができて何ができないかをわかるようにしておいてもらわないと、さすがに雰囲気で押しきりすぎ。
 
中国のカンフーの達人からアーサーが武術を教わってるってのも、衣装全般も、時代考証をさすがにすっ飛ばしすぎ。アーサー王の次創作物である本やゲームや映画からの影響でしょうね。ていうか、時代も何100年か勝手にずらして後にしてるんですよね。
 
一言にまとめると、自由なガイ!
 
なんて言って、笑いのネタにしてるようだけど、これらの要素はすべて長所でもあるんです。ガイ・リッチーは、この映画を面白くするために、良かれと思ってやってるんです(当たり前だけど)。だから、リッチー演出が好きって人はいいけど、そうでなかったら、なんじゃこりゃってなっちゃうかもしれないです。膨らませるところと端折るところのバランスもいびつだし。
 
 
もし普通のやり方なら、さすがに恋愛要素を増やすかな。もうちょい女性キャラを増やすかな。キャラの説明とか、あの世界の地図とか入れるかな。もはや監督がメガホン・エクスカリバーを手に入れたのかってくらいに自由。
 
権力への執着と不安が身を滅ぼすこと。本当の自分というのは、他人、周りが見つけてくれるものであること。そして、もちろん、キャッチコピーにもある下克上の面白さ。敵ではなく仲間を増やすこと。
 
こうしたわかりやすく普遍的なテーマのある物語なんで、たとえばディズニーなら、そこを軸にもっとわかりやすくするでしょうね。でも、そうすると、リッチー節は削がれてしまい、下手すると毒にも薬にもならない歴史もので終わっちゃうでしょう。その意味で、リッチーの起用は諸刃の剣。僕は笑いながらリッチー版、ウェールズスーパー歌舞伎をかなり楽しみました。


サントラは特筆に値します。打楽器を中心にした複雑なビート。細かい息遣いのサンプリング。手拍子。リッチー特有の細かい映像編集とマッチしてました。ダニエル・ペンバートンという音楽監督、グッジョブです。彼は同じくリッチーの『コードネームU.N.C.L.E.』や、ダニー・ボイルの『スティーブ・ジョブズ』を手がけているんですね。

コードネームU.N.C.L.E.(字幕版) スティーブ・ジョブズ (字幕版)

クライマックスへの景気づけに流れる歌ものは、京都音博にも出ていて、僕も面識のあるSam Leeが曲作りにも参加。彼は古い楽器や中世の民俗音楽、ロマ族の音楽、さらには日本の琴までサウンドに取り入れてポップスを作る人なんで、相性がいいはずです。サムを使うとは、わかってんなあって、僕はほくそ笑みましたよ。


さ〜て、次回、6月30日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『ハクソー・リッジ』です。沖縄慰霊の日の放送に届いたお告げ。メル・ギブソン渾身の作品ということで、心して観なければ。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!

 

 

 

【読めるかな?】八〇二美武麗男罵倒瑠部第一回満員御礼!

大阪新町のラポーティアで開催された802ビブリオバトル部。記念すべき第1回は、満員御礼で幕を閉じました。ご来場いただいた皆さん、そして、お誘いいただいた先輩DJ浅井博章さん、どうもありがとうございました。

f:id:djmasao:20170619114648j:plain

僕が紹介したのは都築響一夜露死苦現代詩 (ちくま文庫)。命の宿った生身の言葉たち。商品として世に出回ることのないポエトリー。そして、イントロ紹介だって詩になりうるのだという、玉置宏の曲紹介の匠の技について記録された章で僕がラジオDJとしていかに救われたかについてお話した結果…。人生には本当に「まさか」という坂があるものなのですね。僕が勝利してしまいました。

f:id:djmasao:20170619115331j:plain

そして、延長戦といったていで始まった映画版では、僕の愛してやまないジム・ジャームッシュの『ミステリー・トレイン』で挑んだところ、まさかの敗退。僕と浅井さんのビブリオバトルは、見事痛み分けとなったのであります。いや、これぞ本当のウィンウィンでしょうか。

f:id:djmasao:20170619115718j:plain

会場には、ダイハン書房高槻店が即売ブースを設置。僕がイタリア語の監修をした増山実さんの新刊『風よ 僕らに海の歌を』(角川春樹事務所)もたくさん売れたようで、とても嬉しかったです。

 

選書する準備段階から本番まで、自分の読書体験を振り返る良い機会にもなりました。楽しかったので、また参加したいと心から思える素晴らしいイベントでしたよ。802ビブリオバトル部、次回は8月6日(日)、浅井さんとオチケンさんこと落合健太郎さんの書評対決をお楽しみください。

 

最後に、読書談義も含め、僕が話題にした作品はこちら。

 

せきしろX又吉直樹『カキフライが無いなら来なかった』幻冬舎文庫

ジュゼッペ・グラッソネッリほか『復讐者マレルバ 巨大マフィアに挑んだ男』早川書房

谷川俊太郎ほか『にほんご』福音館書店

村上春樹騎士団長殺し』新潮社

あだち充『みゆき』小学館

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫) 復讐者マレルバ 巨大マフィアに挑んだ男 (早川書房) にほんご (福音館の単行本)

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 みゆき (1) (小学館文庫) 風よ 僕らに海の歌を

 

 

『パトリオット・デイ』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年6月16日放送分
『パトリオット・デイ』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20170616195218p:plain

パトリオット・デイ、つまり「愛国者の日」に毎年開催されるボストン・マラソン。2013年に爆弾テロが起きたのは、ランナーが続々とたどり着くゴールエリアだった。警備にあたっていた地元警察のトミーやFBIの捜査官、そして一般市民や犯人など、映画は多種多様な事件関係者の映像を縫い合わせるようにして進みます。もちろん日本にも報道されたこの悲劇の解決までの102時間。その緊迫する裏側を描いていく。

ローン・サバイバー(字幕版) 

監督はピーター・バーグ。実録路線の中で唯一に近い実在しないキャラクター、ボストン警察のトミーという主役を演じたのは、マーク・ウォールバーグピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグ。このふたりの「バーグ」がタッグを組むのは、この番組でも扱った『ローン・サバイバー』、日本ではこの春に公開された『バーニング・オーシャン』に次いで、これで3作目。今回はウォールバーグが製作総指揮でもあります。他に、ケヴィン・ベーコンジョン・グッドマンJ・K・シモンズといった渋くも実力派を揃えたキャストが実在の人物たちになりきっています。
 
それでは、制限時間3分間の短評で映画の裏側まで暴けるか。今週もスタート!

何日何時何分、誰がどこにいるか。ボストン・マラソン前夜から、事件、犯人逮捕まで。シンプルな文字情報で時間と場所と人物を示しながら、映画は基本的に時系列で進んでいきます。記憶力の悪い僕は、始まってから10分くらいで、「これ、覚えられるかな」っていうくらい人が出てきたんで心配になりましたけど、何とかなるさと流れに身を任せていたところ、確かに何とかなりました。いや、むしろ主要キャラクターの整理がきちんとできていて、編集が素晴らしいので、名前まで覚えるのはさすがに難しくとも、関係性とできごとの流れは見事に伝わってくる。当然ながら、特に爆発以降、人々がどんどんと関連していくわけです。その意外なつながりにあっと驚き、その後「何たる偶然…」とこちらが不憫に思う暇もなく、事件はずんずん緊迫感を増していく。手に汗握りました。
 
大きな倉庫に急遽作られた捜査本部で、ケヴィン・ベーコン演じる捜査官が「ここにゴール付近の街の様子を遺留品を置いて再現しろ」と指示して、それが手際良く実行に移される場面がありましたけど、映画全体のスタンスはその再現方法に近いです。言わば、遺留品が映画では各視点の映像なんです。それをうまく組み合わせれば、全体像がくっきりと浮かび上がる。映画というメディアの特性を活かした演出ですね。この手の作品だとアカデミーで編集賞を獲ったオリバー・ストーンの『JFK』を思い出したりもしました。

JFK ディレクターズ・カット版 (字幕版)

僕は『バーニング・オーシャン』を観ていないんですが、バーグ監督の同じ実録路線『ローン・サバイバー』との共通点を考えると、「唐突さ」が挙げられるのかなと思います。物語の展開はいつも突然で、人々は予想外の出来事に呆然とし、おろおろし、うろたえる。登場人物たちの多くは、アクションよりもリアクションなんです。そのあたりを僕ら観客はリアルだと感じているのではないでしょうかね。もちろん、演技、撮影、照明、録音、編集と、スタッフの一級の仕事があってこそですけど、もっと大枠の構造として、何かが起こるプロセスよりも、起きてしまってからの対応のプロセスを軸に据えているから、観客はみんな結果を知っているはずなのに、その都度、唐突に起こる展開に登場人物同様びっくりするから引き込まれる。そうやって緊迫感を作っていきます。
 
この構造の欠点としては、どうしても全体が一面的になることでしょう。僕も観終わった後にまず考えたのはそこです。この群像劇の中にせっかく最初から犯人を出してるんなら、もうちょっと踏み込んで、あの若き兄弟がなぜそんな凶行に及んだのか、その背景も暴いて見せてはどうか。でもね、冷静になって振り返ると、そこまでやってしまうとスピード感がそがれる上、モザイク画のようにして小さなピースの集合体として全体を見渡す構造そのものが破綻してしまうんですよね。むしろ、途中でふたりには「911は政府の陰謀」だとか言わせてました。あれがギリのバランスだったのかなと。つまり何が言いたいのかというと、バーグ監督はふたりをシンプルに敵扱いしているわけじゃないだろうってことです。
 
誰かを祭り上げてヒーローにするのではなく、ボストンそのものを、市民たちを、しかも移民も含め、自由の旗印のもとに団結したみんなが立ち直る様子を群像劇的に最終的に感動に結びつけているわけです。アラブを敵視してもいない。むしろFBIや警察もそこには人権的な配慮をしていました。
 
ローン・サバイバー』ではアフガニスタンでの米軍の泥沼の戦いを描きました。その果てに、アメリカ本国はどうなったか。セットで考えると、バーグ監督のつとめて冷静なスタンスがうかがえると思います。「テロなんてブラックリストをいくら作ったって防げない」というFBIの発言は今の日本ではタイムリーに響きますね。さすがに最後は感動的に作り過ぎかなと思ったりもしましたが、「愛国者の日」というタイトルの映画のわりには、プロパガンダではなく、むしろリベラルなバランスで作られた、しかも、語弊を恐れずに言いますが、映画として面白くしあげている良作です。
 
※ どうでもいい補足ですけど、ドアを蹴破る時は、足の裏からドンといくようにしましょう。決して、膝からぶつかってはいけません。そんな機会、これからあるかどうかわかんないけど。


さ〜て、次回、6月23日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『キング・アーサー』です。名高い聖剣エクスカリバーの威力はどんなもんなんでしょうかね。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!

 

『LOGAN/ローガン』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年6月9日放送分
『LOGAN/ローガン』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20170609175236j:plain

マーヴェル・コミック原作で、特殊能力を持ったミュータントたちが活躍するヒーローチーム「X-MEN」。2000年の映画化から、本体が6作品発表されていますね。その中でも、鋭い反射能力と超回復能力、そして何より出し入れ可能な刃を手に備えて人気を誇るキャラクターがウルヴァリン。これは、彼を主人公にしたスピンオフの3作目にして、17年にわたってそのウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンのシリーズからの引退作であると言われています。ローガンというのは、ウルヴァリンがかつて記憶喪失だった頃に呼ばれていた名前ですね。

X-MEN (字幕版) ウルヴァリン:X-MEN ZERO (字幕版)

さて、今回、ローガンはヒーローとしてではなく、しがないという言葉が似合うリムジンの運転手として登場します。しかも、アルコール依存症です。もはや彼の能力は衰え、メキシコ国境付近で貧しい生活を送っています。ミュータントたちは既に絶滅寸前の近未来。ある日、メキシコ人女性から、ローラという組織から追われている少女をノースダコタまで連れて行ってほしいと頼まれたローガンは、やむなく彼女を引き受けます。もともと匿っていたプロフェッサーXと彼女を連れ、ローガンは長い旅に出る。
 
監督は、ウルヴァリンシリーズからラブコメ、そして西部劇まで幅広く手がけるジェームズ・マンゴールドです。
 
それでは、制限時間3分間の映画短評。今週もいってみよう!

ローガンは老眼だった。これは、先週の番組終わりに、僕がスタッフに言ったダジャレなんですけど、実際に映画を観て、ローガンが何度も老眼鏡をかける姿を目の当たりにしながら、「本当に老眼じゃねえか!」って声に出しそうになりましたよ。どうでもいいと思うかも知れないけど、これ、画期的なんですよ。アメコミのスーパーヒーローが老眼鏡ですよ? ミスターX-Men akaヒュー・ジャックマンが、シリーズに決着をつけるわけです。有終の美を飾ると言ってるわけです。ヒーローものって、続けるのは比較的簡単だけど、終わらせるのって難しいわけです。そこで、監督のジェームズ・マンゴールドは「画期的な」要素を用意して、ヒュー・ジャックマンに花道を用意しました。つまり、老いさらばえたヒーローという枯れた味わいを出してきたわけです。アメコミですよ? なのに、ローガンはFワードを連発するし、グロデスク描写もやりたい放題。彼が同行する女の子もとんだ殺人マシンです。いくらミュータントとは言え、10代の女の子がばんばん人殺しってのは、普通はアウトです。もちろん、R指定。こんなの、避けるのが常套手段です。ヒーロー映画好きなティーンエイジャーは観られなくなるから、興行的に響くもの。でも、せっかくなら、最後くらい、目先の利益じゃなくて、10年20年先も記憶に残るものを作りたいという映画人の矜持を僕は感じました。

シェーン [DVD] マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

監督が参照したのは、劇中で引用される『シェーン』に代表される西部劇です。今回、三世代のロードムービーとして3人がボロ車で移動するのは、そのほとんどが荒野。ただし、これは近未来のお話。だから、文脈はずらしてあります。X-Menシリーズは、かねてから言われているように、突然変異したミュータントたちを社会のマイノリティーのメタファーとして描いているわけです。その意味でメキシコ国境付近に絶滅寸前のミュータントを住まわせる設定はたぶんにトランプ政権への目配せを感じます。さらに、ミュータントたちが絶滅の危機に追い込まれている理由や、途中で出てくる畑のまるで工業製品を生産するような農業のあり方が、完全に遺伝子操作の恐怖を前提としたものであることを考えれば、これがどれほど現代社会への批判であるか、すぐにわかります。しかも、ミュータントを迫害する一方で、殺人兵器としてのミュータントをこれまた遺伝子操作で人為的に「生産」するという恐ろしさ。敵は公権力というより、合理性をとことん追求する資本であるというのが鋭いですよ。この、人間を「もの」として「生産して利用する」存在がいて、舞台が荒野であるという点で、僕は『マッドマックス怒りのデスロード』を思い出したりもしました。
 
この映画において、主人公は、もはやウルヴァリンではなく、ローガンなんです。つまり、ミュータント的な側面よりも、人間臭さが強調されているんです。僕が確認した限りなので正確ではありませんが、字幕にこそ「正義」という言葉はあるものの、英語ではジャスティスという言葉は出てきません。老いさらばえたヒーローにとって、そんな大上段に構えた議論は意味が無いんです。目の前にいる人や、たとえ行きがかり上であっても身近な人を守りたいという想いにこそ正義が宿るのだと、ぐちぐち悩むのではなく、行動で示す姿が実に西部劇的でした。ただ、いくら正義感に基づいていようとも、人を殺すのは重いことなわけです。いくら正当化したって、そこには哀しみと罪の意識が付きまとう。だからこそ、殺人の場面は軽くできないし、しっかり意味と重みのあるグロデスク描写は避けて通れないわけです。
 
行き過ぎた合理主義、そして政治よりも大資本が支配する世界の末路をこれでもかとえぐり、なおかつヒーロー映画をラディカルに問い直してみせる本作は、映画史のミュータントとして特筆すべき作品だと思います。

予告で使われていたのが、こちら。ナイン・インチ・ネイルズの曲をジョニー・キャッシュがカバーしたものでした。この選曲も、監督が映画の方針を反映しています。
 
Twitterでツイートもしましたが、ワンショット内で、ピントを手前から奥、あるいはその逆に移動させるフォーカス送りという手法もよく使われていて、印象に残りました。極端な使い方をするから、画面が歪むような気すらするんです。スタイルと言っていいレベルだったと思います。精緻に分析してるわけじゃないけど、そもそも西部劇において視線の移動はとても大事だし、ローガンは老眼なわけで反射能力も見事に衰えてますから、今回はいつも気づくのが遅いんですよね。
 
多くの人が言及していますが、劇中にX-MENのコミックを登場させるメタ演出にも驚きました。ここまでやるのかと。「現実世界では、人は死ぬんだ」みたいなことをローガンに言わせるなんて! 何度も確認するけど、これ、アメコミだよね? 


さ〜て、次回、6月16日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『パトリオット・デイ』です。まだ4年前、記憶に新しい事件の映画化です。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!

『光』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年6月2日放送分
『光』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20170602173606j:plain

視力がしだいに失われゆく写真家の雅哉。視覚障害者向けのバリアフリー映画上映の音声ガイド用に原稿を作る美佐子。奈良の街に暮らすふたりの心模様を軸に、人にとって何かを失うとはどういう事なのか、そして光と影の芸術である映画そのものについても考えさせる作品です。
 
監督・脚本・編集は河瀨直美。『あん』に続いての出演となる永瀬正敏が写真家の雅哉を、そして美佐子を水崎綾女(みさきあやめ)が演じる他、映画内の映画を監督し主演する役柄として藤竜也、美佐子の上司と劇中映画の女優として神野三鈴(かんのみすず)、さらには、ある大事な役柄で『あん』で主演した樹木希林が登場します。

あん DVD スタンダード・エディション 萌の朱雀 [DVD]

先日この番組に監督がゲスト出演いただきましたね。97年の長編デビュー作『萌の朱雀』で新人監督賞カメラ・ドールを、そして2007年の『の森』では審査員特別賞のグランプリを獲得してきた河瀨さん。10年ごとにカンヌで大きな賞を獲っていて、しかもいずれも奈良が舞台でした。今回も10年経って、また舞台は奈良。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品ということで、トップに当たるパルム・ドールへの期待がかかりましたが、惜しくも及びませんでした。それでも、キリスト教関連の選考委員が精神性の高い作品を選ぶエキュメニカル賞を獲得。青山真治監督の『EUREKA』に次いで、日本人監督としては二人目の快挙となりました。
 
それでは、先日監督に直接ぶつけた点も踏まえつつ、制限時間3分間の映画短評。今週もいってみよう!

河瀨監督の作品すべてを観ているわけではないんですが、喪失感を抱えた人間がどう再生するのか、あるいは人生に一筋の光明を見出すのかといったテーマを据えることが多いように思います。その意味で、今回はまさに集大成。ひとつの到達点でしょう。美佐子の父は蒸発していて、母は認知症を患っている。いずれも、これまでにあったモチーフです。ただ、そんな彼女が映画の音声ガイドをしているという設定がとてもユニークです。これは、台詞よりも映像にはっきりと重きを置いてきた監督の言葉の再評価と考えていいでしょう。映画を構成する要素、映像、音楽も含めた音、言葉、そして観客の想像力。監督は今作でこうした要素を一度バラバラにして吟味し、それらを再構築するような、つまりは映画そのものについて考える作業を行っているのだと僕は思います。その証拠に、鑑賞後にも言葉が残ってるんです。たとえば、「目の前から消えてしまうものほど美しい」なんて、その筆頭です。これは、以前なら、監督は言葉にしなかった、言葉にするのを避けたと思うんですが、今回はとてもいい働きをしていました。
 
音声ガイドは映像を感知できない人とも映画を共有しようという役割ですが、僕もラジオという音声メディアで映像について毎週語っているわけで、その難しさはよく分かります。ガイドの出来栄えを視覚障害者立ち会いのもとにチェックするモニター会が節目節目で出てきますが、そのたびごとに、美佐子は映画への理解と想像力をたくましくしていきます。そうするうちに、言葉にすることと言葉にしないことについて、思いを巡らせることになる。
 
一方、そのモニター会で美佐子が知り合う雅哉は、文字通り光を失いゆく存在。写真家ですから、それは致命的なことなんだけれど、僕はここでも言葉に注目したい。写真家の表現は、当たり前だけど、映画以上に映像のみなわけです。その映像から離れざるを得なくなっていく雅哉が美佐子との交流の中で再評価するのは、やはり言葉なんじゃないでしょうか。ふたりは映像を介して知り合い、距離を縮めるんだけれど、心を開くのはその言葉による部分が大きいのではないかと。
 
堂々巡りするようですが、そんな言葉の再評価は、あくまで映画というメディア全体の中でのことなわけで、台詞に重きを置いた分、じゃあ、他の要素の価値が下がっているってことじゃなくて、むしろ、その逆。強力なスタッフの力を借りて、河瀬監督はこれまで以上に映画の表現の密度を上げることに成功しています。
 
中でも、写真家出身でこれが劇映画デビューの撮影監督百々新(どどあらた)さんが素晴らしい。写真のような構図。自然光の繊細な表現。これまでよりアップが多い人物描写の的確さ。映画movieは、写真が動いているものだって久々に思い出しました。それから、奈良の雑踏の音までデザインした録音のRoman Dymnyさんもすごい。
 
視覚障害者とか、親が失踪とか、特殊な人の話に思えるだろうけど、そうじゃない。人は誰でも何かを失いながら生きていくわけで、それをより分かりやすくする設定なんです。こういう事を話すと、理屈っぽいと思えるだろうけど、むしろとても分かりやすいです。河瀬直美監督の作品をこれから観るなら、『あん』と『光』の2本がオススメですってはっきり言えます。彼女の作家性がとっつきやすい形で味わえますから。
 
トーリーのネタバレじゃないから言っていいでしょう。最後の方に、バリアフリー上映が行われている映画館のお客さんたちの顔がたくさん写ります。一般の人です。役者じゃない。ドキュメンタリー出身の監督は、デビューの頃から使っている手法ですが、今回が一番ハマっていると思います。「映画っていいもんですねぇ」としみじみ感じる場面でした。それをあなたも映画館でご覧ください。好き嫌いは別にして、河瀬直美さんみたいな監督の作品が、日本で、しかも地元関西で映画館いっぱいにならないってのは絶対にダメ! とりあえず、何はなくともご覧ください。


さ〜て、次回、6月9日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『ローガン』です。マーベルはどんどん出してくるね。どこまで復習しようかしら。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!

 
広告を非表示にする

『メッセージ』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年5月26日放送分
『メッセージ』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20170526105732j:plain

ある日突然、世界のあちこちに巨大な「ばかうけ」、違う、巨大な「コンタクトレンズ」、違う、宇宙船が出現。そこには知的生命体が乗っているのだけれど、当然ながら言語体系がまったく異なるために、意思の疎通が図れない。困った米軍は言語学者のルイーズと物理学者のイアンを対策チームに招聘。宇宙人が地球にやって来た目的は何なのかを探っていきます。

あなたの人生の物語 ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

原作はテッド・チャンの『あなたの人生の物語』。SFマガジンの海外短編部門でオールタイムベストSF1位を獲得しています。監督は、今年10月に『ブレードランナー 2049』の公開も控えているドゥニ・ヴィルヌーヴ。主人公ルイーズをエイミー・アダムス、そして物理学者イアンをジェレミー・レナーが演じています。
 
新海誠片渕須直樋口真嗣押井守など、日本を代表する監督達が絶賛しておりますが、僕野村雅夫はどう観たのか。それでは、制限時間3分間の映画短評。今週もいってみよう!

優れた映画は素敵な山と同じで、色んなアプローチが可能。どのモチーフで語るかによって、見えてくるものが変わるものです。今回僕が着目したのは、言語と時間です。
 
未知の生命体を相手にまったくコミュニケーションが取れず、困り果てた米軍は、ルイーズに彼らが発する音声をレコーダーで聞かせるんですね。でも、ルイーズは「姿形も分からないのに、この音だけでは、これが言語なのかどうかすら分からない」と言います。そこで、米軍は彼女を宇宙船へと連れて行き、宇宙人が地球人との面会用に使う不思議な部屋でご対面という流れになります。すると、彼らは墨絵のような文字を持っていることが分かる。でも、それが漢字のような表意文字なのか、アルファベットやひらがなのような表音文字なのか、それともまた違うものなのか、まったく分からない。軍人たちは結論を急ぐのだけれど、彼女は粘り強く、急がば回れで、その言語体系を探っていった結果、彼らの言語には、地球のそれとは異なる時間表現、時制があることを突き止めていきます。

f:id:djmasao:20170526110418j:plain

僕も大学で言語を学んだひとりなので、よく分かるんだけど、外国語を学ぶことの最大の理由は、コミュニケーションを取ることそのものよりも、自分の世界、価値観を広げる事だと思うんです。結果として、自分の人生が絶対により豊かになる。途中でイアンがルイーズにサピア=ウォーフの仮説について話す場面があります。ざっくり言えば、「人間の価値観は、その人の話す言語が規定する」というものですが、だからこそ、別の言語、未知の言語を学ぶことで、人間は自分の小さな価値観という檻から抜け出せるのだと考えることができるわけです。それでは、ルイーズは宇宙人と出会うことによってどう変化するのか。実は、ここからが時間の話です。
 
この映画の中では、ルイーズの過去の映像を突然差し挟むフラッシュ・バックの手法が何度も使われているんですが、そんなのよくある話でしょ? ところがですね、あれ、もしかして、これってフラッシュ・バックじゃないんじゃないかって思えてくるわけです。ネタバレになるから、詳しくは話しませんが、別の手法なんじゃないかと。つまり、彼女は宇宙人とコミュニケーションを取ることによって、僕らを支配する時間について感じ方が変わってくる。このあたりから、最近で言えば『インターステラー』で味わったような感覚に僕ら観客も誘われていきます。彼女は最終的に自分の人生観すら変化して、限られた僕らの命、その一秒一秒を愛おしむようになる。そのきっかけというかヒントが、宇宙人の文字の形、つまり円にあるというのもよくできているなと思いました。
 
絵面が地味ではあるけれど、ヨハン・ヨハンソンのサントラ効果も大いに手伝って緊張感はずっと持続するし、内容が哲学的なものだけあって、余計な刺激に惑わされずどっぷりと考え込める作品。僕も素晴らしい出来栄えだと思います。腑に落ちにくいところも特に後半見受けられますが、よくできたSFはそういうものです。この知的エンターテイメントをぜひあなたも鑑賞して、自分の価値観を問い直してみてください。

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫) インターステラー(字幕版)

僕はこの物語の設定を聞いた時に、『2001年宇宙の旅』で知られるSF作家の巨匠アーサー・C・クラークのこれまた代表作『幼年期の終わり』を思い出しました。比較してみると面白いでしょうね。
 
邦題の『メッセージ』も決して悪くないんだけれど、観終わった後に“Arrival”、つまり到着という言葉の意味も深く考えて解釈せざるをえないのも素晴らしいところ。

さ〜て、次回、6月2日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、先日番組にゲスト出演してくれた河瀨直美監督の『光』です。カンヌの結果が気になるところ。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!

 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』短評

FM802 Ciao! MUSICA 2017年5月19日放送分

f:id:djmasao:20170520023739j:plain

MCUことマーヴェル・シネマティック・ユニバースのシリーズにおいて、最もダメな奴らがヒーローになってしまう、たった1作で一気に超人気作に躍り出た『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がリミックスとして帰ってきました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版)

スター・ロードを名乗るピーターをリーダーに、銃器を容赦なく撃ちまくる口の悪いアライグマのロケット、怪力巨漢スキンヘッドのドラックス、セクシーなナイフ使いガモーラ、そして忘れちゃいけない最終兵「木」のグルート。この凸凹軍団は、あれから宇宙の平和を守りつつ、ちゃっかりあくどいこともしながら活動中。今回もとある依頼を受けて怪物と戦った後、アライグマのロケットが余計なことをしでかしたおかげで、とんだ騒動が勃発。そこにピーターの父親を名乗る男エゴが現れ、やがて銀河全体の命運がかかった恐ろしい出来事が動き出してしまいます。
 
監督・脚本は前作に引き続き、ジェームズ・ガンクリス・プラット他主要キャストが続投する中、カート・ラッセルシルヴェスター・スタローンなど大御所が演じる新キャストも登場して、いっそう華やかに物語が展開します。
 
それでは、制限時間3分間の映画短評。今週もいってみよう!

前作でですね、まだそこそこの大木だった樹木型ヒューマノイドのグルートが、唯一話せる言葉“I’m Groot”を変化させて“We are Groot”って発言したのを覚えているでしょうか。あれこそがこのロクデナシどもが本当のチームになった、いや、家族になった瞬間でしょう。つまり、今回はガーディアンズが仲間を越えて疑似家族の絆で結ばれてからのお話。グルートはどうなったか。予告にも出ていたし、最終兵「木」としても登場していましたが、あの後ベイビー・グルートとして生まれ変わりました。そして、準主役級にスポットが当たってます。これがまず大正解。オープニングで、ガーディアンズがソヴリンという星から依頼を受けて、その動力源である特殊な電源を、タコと恐竜が混じったような、ロケット曰くブサイクな怪物から守る任務に就いている。前回家族になったんだから、みんな力を合わせると思うじゃないですか。どっこい、それぞれに口だけ達者で好き勝手な戦い方するんだよな、これが。口喧嘩してるし。でも、そんな中、実は最も我関せずなのがベイビーグルートで、みんながそれでも必死に戦っているのを尻目に、ピーターが持ってきたPAで音楽を鳴らして踊ってる。その楽しそうな裏では壮絶な戦い。それをしかも長回しでカットを割らずに見せてしまう。無駄っていう(笑) この笑いなんですよ。このテイストなんですよ。

f:id:djmasao:20170520024244j:plain

そもそも、ガーディアンズはスペース・オペラの伝統と70年代のセンスいい音楽、そしてしょーもない会話を掛け合わせた発明だったわけですけど、今回はそのどれをもバージョンアップさせています。選曲は今回も文句なし。そして、会話もさらにアホなことになってます。前回よりも僕が好きになったのはドラックス。ワイルド・スピードに出てきそうなあの風体で天然。そして、ゲラ。彼のバカでかい笑い声を聴くだけ楽しい。ドラックスのワイルド・スピードっぽさが気になってくると、今度はベイビーグルートの声をヴィン・ディーゼルが演じていることが思い出されてきまして、また笑いが増幅されてしまいました。
 
こういう小ネタ満載の脚本って、くだらなく見えて、実はすごくセンスがいるんですよね。ドラックスの乳首ネタなんかも(ていうか、その笑いのほとんどが)小学生レベルに見えて、差し挟むタイミングとかずいぶん奇をてらってるし。でも、その一方で、脚本の強度を上げるために、ガン監督はピーターの父親との再会という、こういうSFものでは特に鉄板の要素を盛り込んできたわけです。ここはやっぱり手堅く安全に行こうって感じかなと油断していると、ここにもひねりを入れてあるのは観た人ならわかること。偶然にも先週の『追憶』に続いてですけど、自分の力ではどうしようもない血の繋がりが絶対なのでは決してなく、それを時に上回る絆を人間は結ぶことができるし、そこにこそ人の情が宿るのだというメッセージが込められています。ここがもちろんハイライトなだけに、語れないのがもどかしいんだけど、まあ、そういうことです。まさか最終的に泣かされかけるとは思ってもみなかったですよ。そして、また浸らせる間もなく、笑いを入れてくる。しかも、凄いのは、同様の主題をガモーラの出自にも当てはめていて、これがうまくバリエーションとして機能してる。みんなにしっかり見せ場があって、泣かせたかと思いきや、すぐさま矢のように笑いが飛んで来る。そのバランス感覚もすばらしい。正直に言って、マーヴェルで僕は一番好きです。
 
ただ、さすがに今回の悪役は強すぎませんかね。脚本の改変をして、よりわかりやすくしたということですが、さすがにパワーのインフレが進みすぎていて、最後は絵的に何が何だかってなってしまってます。でも、そんなもんですよ、言いたいことは。

ガジェットも前回からさらに工夫して面白く見せているし。選曲はセンスだけじゃなくて、物語を歌詞が補強するような当て方をしてる。そして、何より、カセットテープや再生機材を壊した奴はただじゃおかないぞというのが、一音楽ファンとして嬉しいし笑える!
 
さて、次回以降、MCUの他のシリーズと交錯するのがちょっと心配ではありますが、それもうまくやるんだろうと高をくくってしまうくらい、僕はガン監督を信頼しています。

さ〜て、次回、5月26日(金)の109シネマズ FRIDAY NEW CINEMA CLUBで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『メッセージ』です。2週連続SFですが、毛色はまったく違いますよね。そして、前評判がこちらも相当高い。あなたも観たら #ciao802を付けてのTweetをよろしく!