京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年11月8日放送分
映画『ボヘミアン・ラプソディ』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181115191433j:plain

73年にデビューし、今もなお多くの人を魅了するイギリスのロックバンド、クイーン。不世出のボーカリストフレディ・マーキュリーがどのようにしてメンバーと出会い、バンドが結成されたのかという逸話。名曲誕生の秘話。バンドの成長と崩壊の危機。血の繋がった家族、友人、恋人たちとの関係といった私生活。伝説的に語り継がれる1985年のチャリティーコンサート「ライヴエイド」でのパフォーマンス。HIVウィルスへの罹患、AIDS発症。フレディ・マーキュリーの波乱に満ちた人生のうち、ロックと関わる20代以降の半生を描いた伝記映画です。

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

映画の製作そのものも、かなりの紆余曲折を経ていまして、企画が発表されたのは2010年ですから、公開までに8年もかかりました。当初フレディを演じる予定だったサシャ・バロン・コーエンが、映画のテーマ設定を巡って製作側と意見が合わずにこのプロジェクトを去るなどし、結局撮影が始まったのは、昨年の9月でした。監督は『ユージュアル・サスペクツ』や「X-メン」シリーズのブライアン・シンガーで撮影の大部分を行いましたが、キャストやスタッフと色々揉めたようで、途中降板。デクスター・フレッチャーがその穴を埋めました。フレディ・マーキュリーを最終的に担当した俳優は、エジプト系アメリカ人で『ナイト ミュージアム』などのラミ・マレック
 
音楽面ではブライアン・メイロジャー・テイラーがプロデュースに関わっていて、クイーンの28曲がバンドの歴史に寄り添っています。
 
それでは、特にクイーンに詳しくはなく、曲は好きなものも多いけれどファンとはとても言い出せない僕野村雅夫がどう観たのか。制限時間3分の映画短評、今週もそろそろいってみよう!

先に僕のスタンスを表明しておくと、音楽を題材にした伝記ベースのフィクションとして、相当高いレベルの作品だと思っています。
 
まず、音楽映画として、よくできてますよね。20世紀フォックスのファンファーレをブライアン・メイロジャー・テイラーがクイーンそのものとしか言いようがないサウンドで奏でるオープニングから心くすぐられるし、134分の上映時間中に30近いクイーンの曲をバンドの歴史にうまく寄り添う形で、時にストレートに、そして時にシンボリックに配置して、たっぷりと大音響で音楽そのものを楽しめる喜びがあります。
 
そして、伝記映画としても、よくできてます。誰もが知っているようなメインのエピソードと、ライトな客層にとっては新鮮な逸話の配分・バランスをうまく取っています。さっきも言ったように、僕はクイーンのことをさほど知らなかったので、より製作側の思惑通りに感動しました。ここで持ち上がってくるのが、コアなファン達からの批判でして、あの人物が出てこないとか、あの出来事が無視されているとか、時系列を映画に都合良く並べ替えているとかいった指摘がその代表です。

f:id:djmasao:20181115200133j:plain

気持ちはわからなくもないんです。これまでドキュメンタリーも作られているし、パートナーのひとりだったジム・ハットンによる手記や関連本もあるので、詳しくなればなるほど、これでは不完全だと思うことだと思います。ただ、2時間強の映画としてまとめるには一定の取捨選択が必要ですよね。省かれるエピソードが出てくるのはやむを得ない。史実に忠実にするあまり、観客の感動を損なうようでは本末転倒でしょう。
 
これは他のメンバーも関わるプロジェクトなので、フレディーを軸にバンドの歴史をまとめることに主軸があるわけで、彼らのキャリアの到達点とも言えるライブエイドにクライマックスを持ってくるのは必然だし、そこでそれまでのエピソードを回収するという王道の構成にしたのは英断でした。そのうえで、ある種のフラッシュバックとして彼らのヒット曲を機能させました。歌詞がフレディやバンドの道のりとリンクする、というより、観客の頭の中でリンクさせるように演出している脚本の手腕は輝いていました。

f:id:djmasao:20181115200842j:plain

さらに言えば、エピソードをチョイスする段階での恣意性(身も蓋もなく表現すればご都合)も介在してきます。これは当然のことです。フレディはとても多面的な人物だったので、全方位ではなく、そのどこかにスポットを当てなければならない。おそらくはそのスポットの当て方で、たとえばサシャ・バロン・コーエンは納得がいかなかったのでしょう。わりと幅広い層の観客を想定してあるので、HIVに罹患する経緯であったり、ドラッグの描写などは、示唆する程度にとどめてオブラートに包み、誰でも見やすいように配慮してあります。マネージメントやレコード会社の人間で明らかに悪役として一面的に描かれている人物も出てきます。ただ、それもフィクションなら当然のことですよね。
 
フレディの女性のパートナーであるメアリーをヒロインのように描くことに対する批判もあります。異性愛的な、マジョリティーの価値観で物語をくるむことで、フレディの人生や表現への理解を妨げているという指摘。僕はこれも的外れではないと思うけれど、その批判もまた一面的です。この映画を観て、それこそ異性愛者がLGBTへの差別感情を強めるとは思えないんです。むしろ、その理解を深める一助になっているはずです。
 
フレディが型にハマらない男だったと映画的にわからせる演出も、ちゃんとあちこちに張り巡らせてあります。僕が気づいたのは、フレディのピアノ。白鍵と黒鍵が逆で、黒ベースに白がある。サングラスに映り込む逆像も多用されていました。
 
これは関西の映画宣伝ならびにライターをしている田辺ユウキさんがFacebookで書いていたことを拝借しますが、歯が出ていること、愛の対象、彼が股下から観客及び世界を逆さまに観ることなど、色んな「逆」を見せている。

f:id:djmasao:20181115200254j:plain

それから、猫がピアノの上を歩くところは、フレディの愛するものが文字通り不協和音を奏でるのも、その後の展開を映画的にうまくリードしてました。
 
役者たちの物真似を遥かに超えるなりきりぶりには、圧倒されるし、登場人物たちの視線や何気ない仕草だけで、その時の人間関係をそっくり僕らに伝えてしまう演出も確かでした。特にブライアン・メイの視線や顔の傾け方とか、もう笑っちゃうレベルで似てるし、顔が物語ってましたね。僕はだんだん彼に感情移入して、終わる頃にはノムライアン・メイと化して涙していました。

f:id:djmasao:20181115200542j:plain

結局、この映画は、フレディ、そしてクイーンとその周辺の人物がいかに時々の思惑やしがらみや常識を超えて、広い意味でのファミリーとなったかということと、彼らの音楽が、なぜ彼らにしか鳴らしえないものだったのかを余すことなく描き、クイーンの評価を今新たに高める作品として、見事な出来栄えだということを僕は断言します。

放送では、サウンドトラックから『Radio Ga Ga』ライブエイド・バージョンをオンエアしました。名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の誕生秘話として、6分という長尺はラジオにそぐわないからダメだとレコード会社にリリースを反対される場面があります。そこでフレディは、親しいラジオDJのところに曲を持って行って、オンエアの直談判をしてかけてもらうところがあるんです。

 

そんでもって、ライブエイドみたいな全世界に映像を中継するようなライブでも、この『Radio Ga Ga』をセットリストに入れていたことに、ラジオに携わる僕としてはかなりグッときたのです。

さ〜て、次回、11月22日(木)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『人魚の眠る家』です。人の命とか、倫理観に触れる物語なんだろうなということくらいの、かなりうすぼんやりした知識ですが、とりあえず行ってきます。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!

映画『ヴェノム/VENOM』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年11月8日放送分
映画『ヴェノム/VENOM』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181108174428j:plain

医療や宇宙開発など、最先端の科学研究で知られるライフ財団が、その裏で人体実験を行っているという噂を聞きつけたジャーナリスト、エディ・ブロック。真相を暴くべく、代表に突っ込んだ質問をしたところ、彼は業界を干され、財団の訴訟に関わっていた弁護士のガールフレンドに振られ、社会的に転落してしまいます。自暴自棄になっていたエディのもとに、ある日届いたのは、ライフ財団研究員からの内部告発。施設に忍び込んで人体実験の証拠を押さえるうち、彼は財団が宇宙から持ち帰ったシンビオートと呼ばれるドロドロした生命体と接触。そのまま寄生されて特殊能力が身につくと共に、その声が幻聴のように聞こえるようになります。
 
スパイダーマン映画化の権利を持つソニー・ピクチャーズが、マーベルのキャラクターを使って新たに構想するユニバースの1作目と位置づけられています。要するに、このヴェノムもそうですけど、スパイダーマンにまつわるキャラクターを、スピンオフというよりは、それぞれ単体で勝負するシリーズにしていきつつ、スパイダーマン本体とも、それこそ蜘蛛の巣のように複合的に繋げていこうということだと思います。

スパイダーマン3 (字幕版) ゾンビランド (字幕版)

 サム・ライミが2007年に手がけていた『スパイダーマン3』に敵として登場したヴェノムではありますが、はっきり言って、事前の知識は特に要りません。これが新しいユニバースの1本目なんで、構える必要なし。主役のエディを『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが、ガールフレンドをミシェル・ウィリアムズ、そしてライフ財団のトップであるドレイクを『ナイトクローラー』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のリズ・アーメッドが演じています。そして、監督は『ゾンビランド』や『L.A. ギャング ストーリー』のルーベン・フライシャーです。

 
それでは、相も変わらずアメコミに対していつもわりとフラットかつクールめな僕野村雅夫がどう観たのか。制限時間3分の映画短評、今週もそろそろいってみよう!

マーベル史上最も残虐とか謳われてたし、ポスターのビジュアルもしっかり気持ち悪いし、ヘタレな僕は『クワイエット・プレイス』の時みたいに、また両手で顔を覆うことになると思って覚悟して出向いたんですけど、あれはキャッチコピーのミスリードですね。思ったよりはグロくない。もちろん、ネバネバした形の定まらないやつが人間の身体に寄生するっていう気持ち悪さはあるけど、PG12指定なんで、『デッドプール2』よりもマイルドということになりますね。血しぶきなんて、まったく出ないですから。ただ、それを良しとするかどうかは、好みの分かれるところでしょう。描写に腰が引けているという見方もできるでしょうが、僕としては、むしろこれは『スパイダーマン』の世界観としては、ありだと思ってます。

スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)

ほら、スパイダーマンはこの間のホームカミングもそうでしたけど、とにかくゴチャゴチャとくっちゃべってるじゃないですか。その軽口が、ユーモア、ウィットに溢れていて面白いっていう。ほら、ホームカミングだったら、ハイテクスーツに人工知能的なものが内蔵されていて、それまではスパイダーマンひとりの小言だったものが、途中から対話になる面白さがありましたけど、今回はエディとヴェノムの漫才みたいな掛け合いがひとつの大きな魅力になっていきます。はっきり、バディーものなんですよね。
 
ジャーナリストとして、テレビカメラの前では舌鋒鋭いエディが、実は普段はそこそこ腰の引けた男であるというギャップがまずあって、そこにヴェノムとドッキングして特殊能力を身につけることで、以前なら見て見ぬ振りをしていたような身の回りの悪事にも解決に乗り出す。あのガタイのいい男が、意外と腰抜けで、その実人格者でヒューマニスト。そういうエディの魅力を、すったもんだを繰り返しながらヴェノムが引っ張り出すのが面白いです。
 
たとえば、ある目的で高層ビルに潜り込む必要が生じた時に、ヴェノムがその能力を発揮して一気に壁をよじ登るんだけど、エディからしたら、そういうのは怖いからやめてほしい。だから、帰りは窓を突き破って空中へダイヴしようとするヴェノムを抑え込んで、普通にエレベーターで降りるとか爆笑でした。
 
アクションも基本的に楽しかったです。舞台となる坂の街サンフランシスコの特徴を要所でうまく画面に活かしていました。バイクチェイスのシーンもそうだし、ただエディが歩いてるだけでも、坂道の線が画面を斜めに横切ることで何となく不安に感じさせるとか、さりげないところにも工夫がありました。

f:id:djmasao:20181108185435j:plain

ただ、脚本ははっきり言って、かなり力づくです。決定的なところとして、シンビオートというエイリアンが結局何なのか、そしてヴェノムの考えていることとその変化がよくわからないんです。たとえば、お腹空いたっていうんだけど、特に手当たり次第って感じもないし… 寄生する先、宿主との相性があるっていうんだけど、その説明も曖昧。そして、途中からえらくものわかりがいいんですよね、ヴェノムは。なんでそうなったの? 
 
どうやらシンビオートにも社会があって、そこには世渡り上手もいれば、負け犬もいるっていうんだけど、それならそれで、少なくとも中盤くらいのところで、シンビオートの中のエリートであるライオットがどんな奴かってことをヴェノムに語らせるなりなんなりしておかないと、クライマックス直前になって急にそんな話しされても、ついていけないですよ。そのクライマックスも、いきなりものすごいハンドルの切り方をするので、振り落とされそうになります。だって、いきなり地球レベルの危険が湧いてきて、それを阻止するためのタイムリミット5分て! 短か! バイクとドローンのチェイスシーンの方がよっぽど長いやん!
 
あと、ガールフレンドがいけ好かないので、エディは振られてもI Miss Youってなってるけど、僕からすれば、あんな強欲弁護士は放っておけと言いたい。
 
本編は90分ちょいしかなくて、そのコンパクトさは僕は好きでしたけど、せっかくの面白いキャラクターと設定を活かすための脚本が練りきれていないかなと僕は思ってます。次作でその設定や物語展開の面白さを提示できないと、興味が先に立って集中力が持続した今回のようにうまくはいかないぞと釘は差しておきます。とはいえ、なんだかんだで笑って観てたので普通に次も観たいんですけどね。

リスナーからの感想が一際多かった今週。詳しくはTwitterで #まちゃお802 で検索をかけてみて覗いてみてほしいんですが、うちのディレクターの一言がうまかったです。

バディーものっていうか、「二人羽織り映画」! 確かに!


さ〜て、次回、11月15日(木)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『ボヘミアン・ラプソディ』です。曲が32も使われて、フレディの波乱万丈の人生に「心臓に鳥肌が立つ」らしいです。どんだけ~! あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!

 

『search/サーチ』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年11月1日放送分
映画『search/サーチ』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181101180529j:plain

アメリカ、カリフォルニア州シリコンバレーの中心地サンノゼ。友達の家で泊りがけのテスト勉強をしていた16歳の女子高校生マーゴットが忽然と姿を消します。父デビッドは当初思春期の気まぐれぐらいに思っていたものの、翌日学校に行っていないことを知って慌てます。警察に通報して捜査が始まるものの、彼も独自に調査をスタート。娘のパソコンを閲覧してSNSにログインしてみると、父の知らなかった娘の交友関係や悩みが浮き彫りに。膨大な情報の中から真実を掴み、父は娘を救い出せるのか。
 
全編パソコンの画面を通して語られることで話題を集めているこの作品。監督のアニーシュ・チャガンティーは現在まだ27歳のインド系アメリカ人。これが劇場長編デビュー作。映画制作を学んでいた南カリフォルニア大学で当時指導助手をしていた脚本家のセヴ・オハニアンと共同で脚本を執筆したこの作品は、インディペンデント映画の祭典にして新人の登竜門であるサンダンス映画祭で観客賞など複数の賞を獲得。主役はアジア系で、スター俳優のいない映画ながら、当初9館だけだった公開規模はあれよあれよと全米1100館へと拡大して、堂々のヒットを飛ばしました。
 
それでは、制限時間3分の映画短評、そろそろいってみよう!

トム・ハンクスメグ・ライアンが共演した98年のヒット『ユー・ガット・メール』がひとつのターニング・ポイントだったと思いますが、登場人物の考えていることをテキスト情報として観客に見せるという手法は、古くから手紙を小道具とすることで存在していました。『ユー・ガット・メール』も、実は文通で恋を育む1940年の映画『桃色の店』(エルンスト・ルビッチ)のリメイクでしたからね。手紙やメモがPCメール、携帯メール、チャット、ラインへと様変わりし、今ではスカイプやフェイスタイムなど、ビデオ電話もあって、映画でもそうした通信技術を物語に取り込んできました。文字情報が画面に出てくることは実際に多いですよね。安直なものも多いですけど、それはともかくとして、今挙げたものは、基本的に一対一のコミュニケーションなのに対して、TwitterFacebookInstagramなどSNSの特徴は、そのメッセージが特定の誰かに向けたものではないということでしょう。公開された日記のようなもので、そこには書き手の声にはならない気持ちが表現されていることもしばしば。もちろん、そこには本音を装った嘘も混じります。ベクトルがはっきりしていた手紙から考えれば、どれだけ複雑で混沌としていることか。さらには、スマホが登場したことで、人物の位置情報が残り、街中に点在するカメラが市民の動きを記録する。この映画は、こうした現代に飛び交う膨大なデータログ、つまりデジタルな記録・履歴とリアルタイムの交信だけで映画を成立させようという実験的な野心作です。

ユー・ガット・メール (字幕版) 街角 桃色の店 [DVD]

それと同時に、ミステリーとしてよく練られていて優れています。マーゴットはなぜいなくなったのか。誰かにさらわれたのか。手をかけられたのか。あるいは自分の意志なのか。そこには誰かの関与があるのか。失踪からの時間が長くなればなるほど、場合によっては生存も危うくなるわけで、ハラハラドキドキ。父の焦りも手に取るように伝わるし、予想が空振りに終わった時の悔しさと安堵感が入り混じった気持ちの複雑さ。真相はなかなか先が読めないし、伏線がしっかり後で回収される快感もある。執筆にあたって多くのクライム・サスペンスを参照して分析したというだけあって、筋立てはよくあるっちゃよくあるものだけど、よくできてます。
 
こういう疑念の声が聞こえてきます。「全編PCモニターってのは、話題作りであって、その必要性って本当にあるの?」。僕はこう答えます。「確かに普通に撮っていたら、普通のミステリーになっていただろうけれど、これはPCモニターを通したからこそ何倍も面白くなり、映画の伝えたいメッセージもよりクリアになっているんだ」と。

f:id:djmasao:20181101181952j:plain

ミステリーで大事なのは、観客に与える情報の量とタイミング、その物語の手綱を作り手がしっかりコントロールすること。たとえば、いかにも怪しそうな人を先に見せておいて、その人こそ犯人だと観客を間違った方向に誘導するミスリードも、このパソコン・モニター限定画面構成だとやりやすいんです。何しろ、僕らの視線はほとんどそのまま父デヴィットのものと一致するので、視野が狭い。なにしろモニターしか映らないので、画面の外、つまり現実に起きていることのほとんどは僕らは想像するしかない。その想像を監督は巧妙にミスリードする。
 
これはタイトルにも関わりますが、父が娘をサーチするために、彼女のライフログをパソコンでサーチすることで、結果として、ある理由から隠されていた彼女の悩みの本質が浮かび上がるようにもなっている。いくら技術が進んでも容易くはないコミュニケーションの難しさと喜び、そして家族愛がこのミステリーのテーマになっているんだけど、それはこの語りの手法とプロセスだからこそ、より説得力を持つんです。そのうえで、親が子を想うことのやるせなさとすばらしさを同時に味わえるラストなんて、もう最高でしょ。
 
画面は退屈するんじゃないのか。なんなら、それこそNetflixかなんかで、PCモニターで観るのがいいんじゃないかというのは間違いですね。この映画、撮影はたった13日で終わってるんだけど、編集と画面構成には何ヶ月もかけている。スクリーンの中にマルチ画面で出てくるすべての文字情報と画像が、実はかなり高度にデザイン化されていて、退屈とは程遠いどころか、驚くことにそのバランスが美しくもあるという。
 
また、この手のものは技術が日進月歩で進んでいくので、同時代にリアルタイムで観るべきでもあります。その意味で、面白さは僕が保証するので、これはもう迷わず映画館へお出かけください。

劇中には、Justin BieberとTwenty One Pilotsの名前が会話の中に出てきました。彼らがどれほど向こうのティーンネイジャーの心を撃ち抜いているかを教えてくれましたが、ここは父デヴィッドが独自捜査の途中で何度も娘に対して思っただろう「What Do You Mean?」という気持ちを汲んで(笑)、この曲をオンエアしました。
 
番組に届いた感想の数々で触れているリスナーもいたんですが、オープニングがそれだけで涙モノでしたね。この映画自体のチュートリアルであり、そこで家族の歴史をうまく提示し、あの一連のシーンがパソコンやネットの進化の振り返りにもなっていて圧巻。無駄なセリフもなく、あそこでしっかりテンポも作ってしまう見事な導入でした。
 
あと、これは文字演出としてベタっちゃベタですが、伝えようとしてやめておくといった、ためらい表現にはラインやショートメッセージは向いてるんですよね。そこにもしっかり伏線を用意してあるし、最後の一言ならぬ、ためらったけど最後に結局送信する言葉にもしっかりグッときてしまった僕です。


さ〜て、次回、11月8日(木)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『ヴェノム』です。怖いよ〜。寄生する地球外生命体なんて、絶対にヤダ! 怖いもの見たさで観てきます。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!

映画『2001年宇宙の旅』へのささやかなガイド

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年10月25日放送分
映画『2001年宇宙の旅』短評、というか、ささやかな鑑賞ガイドのDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181025174515j:plain

今回は番組のオープニングでも、実は作品についてというか、途中で入るインターミッションにまつわるエピソードに触れたので、そちらも掲載しておきます。

 

今日の映画短評課題作『2001年宇宙の旅』。初めて観たのはいつだったっけか。小学校か中学校か、その頃に親が借りてきたビデオでだったと思います。とにかく、それまで少ないながら観ていたどの映画とも違うし、とにかく途中から怖くて仕方ないし、最後にはもう何がなんだかで衝撃を受けました。
 
大学生になってからは、中古のビデオ屋レーザーディスク2枚組を買ってきて、ジャケットがかっこいいから部屋に飾ったりしながら、当時まだ持っていたプレーヤーで何度か鑑賞。ただ、LDなんで、どうしても容量が少ないから、途中でよっこいせと裏返さないといけないし、さらに「2001年」は尺が長いから途中でディスクの入れ替えすらあるという。せっかくの映画がぶつ切れでした。
 
がしかし、今回の109シネマズ大阪エキスポシティ、僕呼んで大仏IMAXで鑑賞してみて、この映画にはそもそもインターミッション、つまりは休憩が入っているということに気付かされました。あの末恐ろしすぎる場面の後、不意にINTERMISSIONと画面が切り替わり、客席の電気が灯るではありませんか。
 
測ってなかったけど、10分くらいかな。「こんなの初めて〜」と戸惑う人もいるでしょうね、あれは。ただ、古い映画では実はわりと当たり前の話で、国にもよるのですが、僕のよく知るイタリアだと、90年代まで普通にありました。劇場でも、現在前半上映中みたいなランプが点灯していたり。
 
休憩中はみんなお手洗いに行ったり、劇場の売店でお酒を買って飲みながら、途中までの感想を喋ったり。あれはあれで、なかなか趣があります。僕がローマの映画館で体験した最大の衝撃は、途中休憩中に、「これ、良かったら」みたいなノリで映画館の人にみかんをもらったことですね。
 
アナログレコードなら、A面とB面で一度休憩が入るみたいな、あの不便だけど豊かな時間。2018年の僕らはもう失ってるよなって気づきましたね。

f:id:djmasao:20181025204244j:plain

400万年前の類人猿からヒトへの進化。人類の宇宙探索。我々の科学を超越する存在たる謎の石版モノリスに導かれるようにして、HAL9000というAIが制御する宇宙船は、ボーマン船長、プール飛行士、そして3名の冬眠する飛行士を乗せて、木星へと旅立つ。順風満帆に見えたその旅に、HAL9000のトラブルによって惨事が起きる。
 
1968年にアメリカで初公開された今作。その4年前、早熟の天才キューブリックが36歳の時、「語り草になるような、いいSF映画を作る可能性」について語り合いたいとコンタクトを取ったのが、一世代上で47歳だったSF作家の巨匠アーサー・C・クラーク。ふたりは徹底的に議論を重ね、NASAIBMなど40に及ぶ研究機関や企業への徹底的なリサーチを重ね、CGが無かった当時の映画界が持てるあらゆる技術を駆使し、撮影期間だけで2年を要しました。その結果、舞台となった2001年よりも未来に生きる僕たちでさえ未だに語り草にしているわけです。上映時間140分程で、人類の夜明けから未来までを、陶酔させる映像美と研ぎ澄まされた音使いでシンボリックに描き出す、これぞ唯一無二なスタンリー・キューブリックの代表作。この作品に言及しない映画史なんてないですからね。公開から半世紀を経て、SF映画の金字塔が、IMAXの巨大スクリーンに映し出されています。
 
それでは、制限時間3分の映画短評、というか、今週ばかりは名作の入口をほのかに照らすガイドといったところかな。とにかく、そろそろ出発です!

ものすごく大雑把に言えば、SFの最大の命題は、「我々人間はどこから来て、どこへ向かうのか」というものだと思います。「2001年宇宙の旅」は、「人間とは何か」という問いに正面から取り組んでいることが、今も傑作と言われる所以です。
 
原題は『2001:a space odyssey』。古代ギリシャの詩人ホメーロス叙事詩オデュッセイア』から借用されました。トロイア戦争から凱旋するオデュッセウスが、地中海の船旅の途中、魔物たちと戦い、幾多の困難で乗組員と船を失い、それでも帰国を果たす冒険譚です。
 
この映画はそれぞれ登場人物の異なる3つのパートに別れています。で、『オデュッセイア』になぞらえられたのは、最後の部分ですね。前半の2パートは、導入として機能していて、人間が知恵・技術と引き換えに背負い込んでしまった「業」という負のイメージを、ほぼセリフ無しで僕らに伝えます。
 
象徴的なのは、猿たちが動物の骨を拾い、それが武器になると気づき、実際に暴力を行使。宙に放り投げたその白い骨から、パッと白い宇宙船へと繋がるあの2カット。この編集、つなぎは、被写体のアクションや形が似ているもの同士を結びつけていくマッチカットという手法で、その究極のお手本として、よく教科書に載ってます。ふたつ、類似点があるんです。色形だけでなく、骨も宇宙船も武器であること。宇宙開発はそもそも軍事目的が発端だとよく言われますよね。
 
そんな導入を経て、映画は核心である3部へ。オデュッセイアに登場する怪物が、ここではAIに取って代わります。今でこそAIをモチーフにした映画は盛んに作られていますが、2001年はその先駆けであり、今もその深いテーマ性から最先端でもある。人がAIを生み出すというのは何を意味するのか。今も議論は続いているわけですからね。ただ、誤解しないで。ただただ哲学的な映画ではまったくない。

f:id:djmasao:20181025204344j:plain

第三部は特に、優れたサスペンス、あるいはスリラーとしても機能しています。あの休憩前後の緊張感ときたら。血なんか一切流れないのに、超怖い。僕なんか、一昨日久々に観てから、HAL9000の外見と似通った、よく建物の壁面に埋め込まれてる非常警報設備の赤いランプが怖くて仕方ないですからね。
 
先ほど、3幕それぞれ登場人物が違うと言いましたが、ひとつ共通して出てくるものがある。映画史上でも最大の謎と言える、あの黒い石版モノリスです。これが鍵です。ただ、簡単には開けられない。モノリスは、解釈を生みだす道標でもあるし、解釈を吸い込むブラックホールでもあるんです。その色んな解釈についてはここでは割愛しますけどね。
 
この映画の後、宇宙舞台だったり『猿の惑星』のような文明批評ものが盛んに作られます。『スター・トレック』『スター・ウォーズ』『エイリアン』、果ては『インターステラー』『メッセージ』など。映画史にその名を刻んだ作品で、「2001年」の影響を受けていないものはありません。それは、テーマだけではなく、演出や技術的にも言えます。宇宙空間の見せ方、キューブリック印とも言えるシンメトリーな構図とそれが崩れる効果。宇宙服のヘルメットへの映り込みまですべて計算する徹底した映像の仕掛け。クラシック音楽の絶妙な使い方と、沈黙の音とも言うべき無音使いや、それを際立たせる呼吸の音。後半のトリップ体験と言える実験映画的な色彩と音の洪水。一度観たら忘れられません。
 
確かに難解と言われる作品ですが、すぐに答えを求めなくていい。自分の解釈ができなくてもいい。だって、キューブリックはあえて、用意したナレーションやオリジナルのサントラをすべて捨てたんです。彼がしたかったのは、問いかけであって、説明じゃない。物語をなぞるのではなく、体験をしてほしかったんです。キューブリックからの時空を越えた挑戦、あなたも受けて立ってください。そうだ、宇宙行こう!

短評の後に何をオンエアするか迷いましたが、歌詞の一部がもろに『2001年宇宙の旅』なこの曲を選びました。懐かしいですねぇ。1990年!

 

関連書籍として、アーサー・C・クラークの小説版もあるにはあるのですが、そこに答えを求めるのではなく、やはり映画は映画として、あえて説明を省いた意味を踏まえながら自分で解釈を膨らませたり、それを友達と共有するのがよろしいかと。

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF) 映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)

映画の解説も色々あるとは思うんですが、立花隆のと町山智浩の文章は一読に値すると思います。ただ、それもあくまで参考程度に。それほどに、多義的な作品なので。

さ〜て、次回、11月1日(木)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『search/サーチ』です。噂によれば、パソコンのモニターだけで映画が成立するという実験作だとか。面白そうだ。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年10月18日放送分

f:id:djmasao:20181018180416j:plain

4オクターブの音域と驚異的な声量を誇るロックシンガーのシン。スター街道まっしぐらの彼でしたが、その声は実は声帯ドーピングという喉に負担のかかり過ぎる方法で作られたものでした。長年にわたるドーピングの無理がたたってボロボロになっていたシンの喉は限界間近。そんな時、彼は歌声が小さすぎて何を歌っているのかろくに聞き取れないストリートミュージシャンのふうかと出会い、彼女の姿に自分を重ねるようになっていきます。ふたりの声はどうなるのか。そして、ミュージシャンとしてのふたりの行方は?
 
監督・脚本は三木聡。このコーナーで彼の作品を扱うのは初めてなので、軽くどんな仕事をしてきた方か触れておくと… もともとは放送作家として、タモリ倶楽部ダウンタウンのごっつええ感じトリビアの泉など大ヒット番組に関わりながら、シティボーイズの舞台演出を手がけました。その後、ドラマ演出にも活躍の場を展開します。2006年の「時効警察」が代表作。映画は2005年の『イン・ザ・プール』が長編デビュー作。他にも『転々』や『インスタント沼』など、笑いの小ネタを無尽蔵に挟み込む独特な作風で知られています。

イン・ザ・プール 転々

前提として言っておくと、僕は三木聡作品で好きなものも結構あります。とりわけ、一見何の変哲もない人物が、あくまで日常的な風景の中で生きているのに、いつの間にか得体の知れない体験をしてしまったり、その人の深層心理が表面化してシュールな展開を見せていくタイプのものが、僕は観ていて痛快に感じます。彼の演出の基礎となる笑いと物語の大小の歯車が噛み合った時の突き抜けっぷりは素晴らしいと思います。
 
シンとふうかを、阿部サダヲ吉岡里帆が担当。千葉雄大小峠英二、さらにはふせえり松尾スズキ麻生久美子岩松了など、三木聡作品常連のキャストも揃いました。音楽映画ということで、HYDEいしわたり淳治あいみょん、KenKen、never young beach橋本絵莉子と、802ゆかりのミュージシャンたちも、サントラへの曲提供や演奏、あるいは出演をしていて、それも話題になっています。
 
それでは、制限時間3分の映画短評、今週もそろそろいってみよう!

タイトルからもわかるように、最大のモチーフは声です。ふうかはなぜ声が小さいのか。生まれつきのことではなくて、簡単に言えば、自分に自信が持てないでいるから、どうしても周囲の目ばかりを気にして、その結果として堂々と歌えない。その姿を見て、しんとしては、そんなんなら、音楽なんてやめちまえ、と。ふうかの自信のなさは行動にも現れています。たとえば、このギターはまだ弾きなれてないから、今回のオーディションはやめとく、とかね。そこで、「やらない理由を探すな」という、最大のメッセージが登場します。本当にやりたいんだったら、一度とことんやってみないと始まらない。力は試せない。その通りだと僕も思います。だけど、そのメッセージを声の大小だけに集約させているのが、僕は最大の問題だとも思ってます。
 
これは僕が予告で感じていた疑問なんですけど、声が小さいとダメなのかと。確かにストリートで弾き語るなら、せめてストロークするギターに負けないくらいの声を出せよタコっていうツッコミが成立するのはわかりますよ。あとは、シンがやってるようなラウドロックも、そりゃ声がデカくないとダメだろうし、デスボイスのひとつもできないと話にならない。でもさ、ふうかのやってる音楽って、そういうんじゃないでしょ? 音楽ジャンルは何もロックばかりじゃないんだし、ステージに立つならマイクがあるわけで、ある程度の声量はあるに越したことはないけど、より問われるのは表現力と説得力でしょう。こうした疑問は解消されるどころか、気づけば精神論にすり替えられるんです。ロックだロックじゃないってなぼんやりした話になっちゃう。どうも、話として、声のシンボルが機能しきってないから、乗り切れないんだと僕は分析してます。

f:id:djmasao:20181018194236j:plain

僕が三木作品で評価している笑いと物語の歯車が噛み合う場面は、あるにはありました。店構えも店主も料理も怪しすぎる「喜びそば」のくだりなんかは最たる例です。この店はやめておこうというふうかに対して、ふせえり演じる魔女みたいなおばさんは、食ってみようぜと誘う。その結果、めちゃうま! 食べログの評価ばかりをあてにして、自分の味覚が置いてきぼりになりがちな風潮へのツッコミになってるし、それがまたふうかの何かと弱腰なスタンスとも合致してるから、笑いに意味があります。ただ、その他はもうどれもこれもテンションで押し切る笑いばかりで、やりたいだけになっちゃっていたのは残念でした。急に入るギャグ、ショートコント風の過剰な芝居が、物語から完全に浮遊してる。ハイテンションでの罵詈雑言、キレ芸みたいなのも、あまり使いすぎるとしんどくなるじゃないですか。映像の流れも同様で、やたらカメラがガチャガチャして、せっかくの「喜びそば」の場面だって、導入で無意味にカメラをひっくり返したりするもんだから、ただでさえ筋が弱い物語なのに、余計に集中できなくなります。
 
あと、一連の韓国のシーン、あれは本当に必要なんですか? 妙なステレオタイプを補強するだけに思えて、笑えないし快くもないし、まったくもって誰得でした。
 
やたら部品の数が多い車に乗って、豪華には見えるんだけど、エンジンをかけたら、途中でガソリンタンクもアクセルペダルも吹っ飛んで失速。慣性の法則で最後まで走りきりはしたものの、ドライブの爽快さからはほど遠いみたいな、そんな印象を受けてしまいました。


さ〜て、次回、10月25日(月)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、なんと『2001年宇宙の旅』です。マジか… どの映画史の本も触れるようなスタンリー・キューブリックの超のつく名作に何を言えばいいんだ、僕は… 製作から50周年。IMAXで観られる貴重な機会をとにかく楽しむ、というか、浴びるようにして体験することにしましょう。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!

 

『イコライザー2』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年10月11日放送分
映画『イコライザー2』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181011155730j:plain

元CIAのロバート・マッコール。妻を亡くし、ひとり修道士のように静謐な暮らしを続けています。ホームセンターの職員だった前作から転職し、現在はUberのようなタクシーサービスの運転手。余暇には読書をしたり、ラジオを聴いたりという日々を送りながら、周囲の人々の身に何か困り事や災難が持ち上がれば、時にさりげなく、時に実力行使をしてでも、悪や不正を正す=イコライズしています。ある日、CIA時代の上官で親友のスーザンが殺害されたとの報告を受けた彼は、独自に捜査を開始。彼女が携わっていた任務の裏に横たわる闇を突き止めると、マッコールの身にも危険が迫ります。

イコライザー (字幕版) 

主演は引き続き、オスカー俳優デンゼル・ワシントン、現在63歳。これがキャリア初の続編出演となる他、製作にも名を連ねています。思い入れのある作品であることがうかがえますね。監督は、デンゼル・ワシントンとのタッグがこれで4度目となるアントワン・フークア。また、道を外れそうになる美術家志望の黒人青年マイルズを、『ムーンライト』で主人公の少年期を演じたアシュトン・サンダースが担当しています。
 
それでは、制限時間3分の映画短評、今週もそろそろいってみよう!
 
前作の頭で、マーク・トウェインの言葉が引用されていました。「人生で最も大事な日は2日ある。生まれた日と、生きる意味を見つけた日だ」。妻を亡くしてしまった悲しみを抱えながら生きているマッコール。前作では、クロエ・グレース・モレッツ演じる歌手志望のコールガールを泥沼から引きずり出してやることで、CIA時代とは違って名もなき人々を悪や不正から守るイコライザーとしての覚醒、哲学や生き様を見せつけました。今回もスタンスは変わりません。むしろ、続編だから説明も省けるということで、特に前半の人助けエピソードのバリエーションを増やし、彼の価値観=正義感により厚みと奥行きを持たせています。その意味で、タクシー運転手という設定は効果的でした。色んな客が乗ってくるわけですから。別に鉄拳制裁まで及ばなくても、さりげない一言で乗客をより良き方向へと導いていく。その姿はまさに修道士のようでした。

f:id:djmasao:20181011163708j:plain

とりわけ印象に残ったのは、前回のモレッツちゃんに相当する黒人青年マイルズとの関係。僕が思い出したのは、10年前の名作『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッドです。今やほとんど天涯孤独の身である老境の男が、ふとしたきっかけで世代の違う血縁もない若者と疑似的な親子関係を築くにいたり、やがて身を挺してでも相手を救おうとする。似てますね。今回はマッコールの住むマンションの庭を整備している婦人がイスラム圏の出身でした。そのあたりも、現実にはないがしろにされている開かれたアメリカという国家の理想を象徴する役柄の配置だったと思います。考えてみれば、『グラン・トリノ』のイーストウッドもマッコールも、それぞれ元は国家に使えていた人間です。それが今では、もっと実態の伴う身近な市井の人々に関心を寄せる存在になっているのがポイント。これはマッコールの読んでいる本のセレクトからも静かに浮かび上がってくるメッセージでもありますが、マイルズに対してはっきりと口にしています。確かに、現実は人種差別や貧困などで人生を投げ出したくなるほどに理不尽だし取り付く島もなく見えるけれど、それを言い訳にしていては身を滅ぼしてしまう。なりたい自分になるべきだし、そのためにも正しきことを為すべきだという哲学です。イコライザーはその手助けをしているわけですね。もちろん、これは現代のおとぎ話なので、マッコールの取る行動は極端だし褒められたものではないんですが、こうした作品が受けるのは、とかく無関心の事なかれ受け身態勢が横行する世の中だからこそってことも言えると思います。その意味で、枝葉のエピソードを回収したエピローグはひたひたと静かな感動が押し寄せましたね。

f:id:djmasao:20181011163750j:plain

それにしても、マッコールは今回も怒らせたら大変です。身の回りのもの武器に変えてしまう戦闘方法は数としては少なくなっていたものの、たとえば薬物で女性を弄んでいたサイテーな金持ちのボンボンをその象徴たるクレジットカードで斬りつけるところとか、乗客になりすました暗殺者とタクシーの中でやり合う場面、そしてクライマックスの爆発シーンなんかは前作とは一味違う新鮮さがありました。何より、デンゼル・ワシントンの演技がもう絶品。ただ椅子に座っているだけでも感情が伝わってくるんですよ。凄みが半端ない。そして、今回はマッコール探偵とでも呼びたくなる推理シーンが楽しめたのも良かったです。それも、あくまで映像で彼の頭の中の思考の流れを僕らに悟らせる演出で、好感が持てました。
 
ということで、イコライザー2は続編として立派な成功作だと言えます。守るべきルールは守り、変化させるところはためらわない。まだマッコールの過去がすべて明らかになったわけじゃないし、早くも3を楽しみにしてしまう、興奮と期待が昂ぶる1本でした。
 
このJacob Banksって方、ナイジェリア出身で、現在はUKで活動するシンガーソングライターのようですが、僕はかなり気に入りましたね。予告とエンド・クレジットで使われています。
 
僕らって特に都会に生きていると、衣食住、そして人生のあらゆるステージで消費者になってしまっていると常々思っているんですけど、マッコールのこの「自分が何とかしないとダメになる。僕が解決の糸口をつかむんだ。困ってる人がいたら、手を差し伸べるんだ」ってなスタンスそのものは、やっぱりかっこいいです。対応策はまったくもってやり過ぎだし、見習えないし、見習うべきじゃないんだけど、娯楽作でそこまで伝えてくるこのシリーズは、僕は断固支持なのさ。
 


さ〜て、次回、10月18日(月)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』です。三木聡監督、阿部サダヲ出演。そこに、吉岡里帆。そして、麻生久美子松尾スズキ。この濃ゆい足し算が吉と出るのか凶と出るのか、品定めしてまいります。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく! 

『クワイエット・プレイス』短評

FM802 Ciao Amici!109シネマズDolce Vita 2018年10月4日放送分
映画『クワイエット・プレイス』短評のDJ's カット版です。

f:id:djmasao:20181004174535j:plain

音にのみ反応して所在を突き止め、即座に人間を捕食する謎のクリーチャーが大量に出現し、壊滅的な被害を受けた世界。アメリカの片田舎にある農場に身を潜める一家がいました。夫のリーと妻のエヴリン。思春期を迎える耳の聞こえない長女リーガン、まだあどけなく臆病な弟マーカス、そして4歳の末っ子3人の子どもたち。声が出せないので会話は手話。生活動線には砂をまいてその上を裸足で歩くなど、何をするにも音を立てないように気を配る生活。そんな中、エヴリンは妊娠し、出産予定日が迫ってきた。一家は生き残ることができるのか。
 
監督、脚本、製作総指揮、そして夫リー役での主演と大車輪の活躍を見せたのは、ジョン・クラシンスキー、38歳。実生活でもパートナーであるエミリー・ブラントをエヴリン役に抜擢しました。長女リーガンを演じたミリセント・シモンズは、彼女自身も聴覚障害者です。弟マーカス役は、ノア・ジュプが担当。この男の子は将来有望ですよ。『サバービコン 仮面を被った街』『ワンダー 君は太陽』と、それぞれ存在感を発揮していたこの13歳が、今回もいい仕事をしています。
 
ちなみに、ジョン・クラシンスキーが脚本も手がけたとお伝えしましたが、クレジットには彼も含めて3人の名前があります。もともとこの設定は、その残る2人の若手脚本家コンビ(スコット・ベックとブライアン・ウッズ)のアイデアです。なんでも、大学時代に浴びるようにサイレント映画を観ていたそうで、音が鍵となる今回の設定はその経験に着想の源があると言われています。
 
今年3月、ミナミホイールのお手本とも言うべきアメリカのSXSWで初上映されたこの作品は、比較的低予算にも関わらず、口コミによるヒットが拡大し、『レディ・プレイヤー1』や『グレイテスト・ショーマン』を超える興行成績を叩き出しての日本上陸です。
 
それでは、息を殺し、時には両手で目を覆い、それでもその隙間から薄目でスクリーンを凝視したホラーが苦手な男、僕マチャオが挑む制限時間3分の映画短評、今週もそろそろいってみよう!

僕の評価を結論から先に言います。設定のアラは確かに目立つものの、それを上回る魅力のある作品です。先に説明不足や設定に無理があると指摘されている代表的なところをいくつか挙げておきましょうか。
 
まずはあのクリーチャーについて。どうやら目は見えないか、そもそも存在しないようで、その分、聴覚が異常に発達しているようです。全身は甲殻類のように強靭な殻で覆われているので攻撃に対してとても強いうえ、何よりも動きがスピーディー。超高速移動して現場へ急行する狩人なので、「音を立てたら、即死」すると。確かに手強い。ていうか、太刀打ちできない。従って、声を潜めて生活音も極限まで抑えながら暮らすことになる。何か物を落としたら、奴が飛んでくるんじゃないかと怯える、死の恐怖と隣り合わせの生活です。ただ、いかんせん説明があまり無いため、ではどれくらいの音ならセーフで、これ以上はアウトだっていうボリュームの線引きが何となくしかわからない。奴らが捕食するのは動物全般のようだけれど、生き物が立てた音とそうでないものをどう区別しているのかは謎です。

f:id:djmasao:20181004185624j:plain 

そして、エヴリンの妊娠ですね。映画はクリーチャーたちがこの世界を蹂躙し始めて80日くらい経ったところから始まります。その後も、章立てするような調子で、「あれから何日」みたいな字幕が途中で挟まれるんだけど、途中で僕らは気づくわけですよ。「おいおい、奴らが来てから妊娠したんかい!」と。赤ん坊って、音を出さずにはいられないわけだから、出産するってのは、つまり一家心中ですよ。
 
他にも、電気の調達の仕方や、あんなところに釘は打ってないだろうとか、色々言いたいことがある人はいるでしょう。こうした要素がそれこそノイズになって、映画にノレないということになりかねない。僕もそこは否定しません。僕は僕で、あの農場全体に張り巡らせたライトに疑問を持ちましたからね。こんな大掛かりな仕掛けを、よくもまあ音を立てずに設置できたなと。
 
がしかし! こうしたつっこみどころをもって、それこそあのクリーチャーみたくこの映画をザクって切り捨てるのはあまりにもったいない。魅力はふたつに大別できます。
 
物語の抱えるテーマの芯の太さ。そして、物語運びなど、なかなか巧みな演出です。
 
これは「親とはどうあるべきか」と「来るべき自立に向けて成長する子ども」を描いた家族の物語です。意外にも思えるかもしれませんが、その意味で似ているのは、電気の止まってしまった日本でさすらう家族の姿を描いた矢口史靖監督の『サバイバル・ファミリー』かもしれません。実際、クラシンスキー監督がこの話に惚れ込んだのは、親が子を脅威から守るという設定だったからだそうです。この設定の最大のポイントは、音を立てたら自分が死んでしまう恐怖ではない。自分の不注意が、自分の最愛の人を死に追いやってしまうかもしれないという点です。ご近所さんが不意に出てくる場面がありますが、あそこも愛する人を失う恐怖というテーマを補強しています。実のところ、序盤である悲しい出来事が起こりますね。家族はそれぞれにその欠落を表面上は埋めたようでいて埋めきれてはいない。それでもコミュニケーションをそれぞれのやり方で取っていく。あるいは取れないでいる。そうやって、親として子として、たくましくなっていく。妊娠についても、僕はその文脈で納得しています。極端な話、そこが描ければOKなんです。

f:id:djmasao:20181004185514j:plain

だから、脚本からは極端に説明が削ってある。たとえば、クリーチャーについて。そんなもん説明し始めたらもう大変でしょう。結果的には英語でも字幕処理をしてある手話での会話も、本当は字幕を入れたくなかったようです。でも、それではさすがに補聴器のくだりとか観客に伝わらないという判断をしたと。このエピソードが教えてくれるのは、監督がそれほどに説明を排し、観客の想像力を研ぎ澄ませようとした志です。これ、ナレーションとか付いてたら興ざめですもん。
 
多くのSFやホラーがそうであるように、この設定も現実の何かを象徴しています。たとえば監督は「危機から目を背けるアメリカの政治を風刺できる」と考えたようだし、僕なんかは家族のあり方にいちいち攻撃をしてくるモンスター的な親戚や世間の常識みたいなものについても考えを巡らせることになりました。
 
情報を出すタイミングと量に細やかに気を配った演出だけでなく、予告にもあるオープニングのロケットのおもちゃを巡るくだり、エヴリンの妊娠について観客に悟らせるさりげないカット割り、そしてあれだけの危機が長期戦で続く中で人間性を失わずに生きる彼らのささやかな団らんをも見せつつの全体としての緊張感の持続。監督の腕は確かでした。
 
予算はそりゃB級だけれど、それによる制約をむしろ逆手に取ったチャレンジとして、僕はこれは拾い物の忘れがたい1本に出会えたと、まだ興奮しています。

ありものの曲は使わないものだとてっきり思っていたら、意外なところでこの曲が流れてきてほっこり。というより、すごくロマンティックでキュンときました。歌詞もリンクさせたりしていて、良かったです。

 

 さ〜て、次回、10月11日(月)の109シネマズ Dolce Vitaで扱う映画 aka「映画の女神様からのお告げ」は、『イコライザー2』です。マッコールさんは1の時のホームセンター店員からタクシーの運転手に転職した模様ですね。今回もすごそうだ! 2週連続、劇場で手に汗握ります。あなたも鑑賞したら #まちゃお802 を付けての感想Tweetをよろしく!