京都ドーナッツクラブのブログ

イタリアの文化的お宝紹介グループ「京都ドーナッツクラブ」の活動や、運営している多目的スペース「チルコロ京都」のイベント、代表の野村雅夫がFM802で行っている映画短評について綴ります。

焼酎バーにて 1 〜好奇心は猫をも殺す〜 (旧ウェブサイトコラム『小噺パラダイス』)

どうも、有北です。
近所に謎の焼酎バーができたので、足を運んでみた。実際にこの店ができたのはもう4ヶ月くらい前の話なのだが、なかなか足を運ぶのが億劫であり、今になってしまったというわけだ。しかしこの店、大通りから一本中に入った通りにあるため、開店以来そんなにはやっているところを見たことがない。しかし焼酎にはことのほか目がない僕は、以前からこの店に興味を抱いていた。

いざ入ってみると、店内は薄暗く、非常に狭い。おそらく20人も客が入れば満員になってしまうだろう。不可解なことに、店内は無人だ。客がいないのはまだ時間も早いから仕方ないとして、店の人間すらひとりもいないのはどういうことだ?
しょうがなく、一度店を出た。入り口をもう一度確かめてみる。扉には『営業時間・PM6:00〜PM11:00。今のところ年中無休』の文字。『今のところ』の但し書きが不安をかきたてるが、時計を確かめると6時半を少し回ったところ。完全に営業しているはずだ。電気もちゃんとついている。
もう一度、店内に突入する。
案の定誰もいない。なんだかわからない不安で胸を満たしていると、不意に、厨房とおぼしき部分から謎のおばちゃんがひとり登場した。